ブリヂストンタイヤ・国内市販用タイヤの値上げについて

 株式会社ブリヂストンは、国内市販用タイヤのメーカー出荷価格の値上げを決定致しました。
昨年来、タイヤの主要原材料である天然ゴムをはじめ、合成ゴムなど石油化学系原材料の価格が高騰しております。
 これらタイヤ原材料価格の高騰に対し、当社は生産性の向上やコスト削減などの企業努力を行ってまいりましたが、企業努力のみでこれを吸収することは困難な状況であると判断し、国内市販用タイヤのメーカー出荷価格を値上げすることを決定したものです。
今回の当社出荷価格改定の詳細は以下の通りです。

1. 対象商品 国内市販用タイヤ(※)、チューブ、フラップ 
※乗用車・バン用冬タイヤを除く
 
2. 値上げ率(平均) 乗用車・バン用タイヤ(夏) 6%
  小型トラック・バス用タイヤ(夏/冬) 6%
  トラック・バス用タイヤ(夏/冬) 8%
  建設・鉱山車両用タイヤ(夏/冬) 10%
  産業車両用タイヤ(夏/冬) 8%
  二輪自動車用タイヤ 6%
  その他タイヤ 8%
  チューブ、フラップ 8~10%
3. 値上げ時期 2017年6月1日(木)(夏タイヤ、チューブ、フラップ)
2017年9月1日(金)(冬タイヤ)
 


本件に関するお問い合わせ先http://www.bridgestone.co.jp/corporate/news/2017032801.html
<報道関係> ブリヂストンタイヤ・広報第1課  TEL:03-6836-3333
<お客様>  ブリヂストンタイヤ・お客様相談室  TEL:0120-39-2936

2017年03月28日