自賠責保険料の改定

2017年4月1日より自賠責保険の保険料が値下げ改定されました。
2013年度に13.5%の保険料引き上げが行われてから、自賠責保険料の引下げは実に9年ぶりとなります。(全車種平均-6.9%)

  • 実際の損害率が予定損害率(平成25年4月設定)を下回っていること
  • 予定損害率と実際の損害率との乖離幅が昨年度よりも拡大している事
  • 積立金等も含めた保険収支が黒字傾向にあること

主として、自動ブレーキなどの運転支援技術搭載車の登場により保険金を支払うような事故が減っているのが要因です。


自賠責保険料(2017/4改定)

  60ヶ月 48ヶ月 37ヶ月 36ヶ月 25ヶ月 24ヶ月 13ヶ月 12ヶ月
自家用乗用車 36,780 35,950 26,680 25,830 16,380 15,520
自家用小型貨物 30,460 29,470 18,360 17,350
軽自動車(検査対象車) 35,610 34,820 25,880 25,070 15,960 15,130
自家用普通貨物自動車
(最大積載量2トン以下)
44,100 42,580 25,520 23,970
自家用普通貨物自動車
(最大積載量2トン超)
53,890 51,990 30,660 28,720
原動機付自転車
(125cc以下)
16,990 14,690 12,340 9,950 7,500
二輪車(250cc以下) 22,510 19,140 15,720 12,220 8,650
二輪車(検査対象車) 14,950 14,690 11,780 11,520 8,560 8,290
  • この保険料は、平成29年4月1日以降始期のご契約に適用します。
  • 沖縄県、離島などの一部地域については、上記保険料例と異なります。
  • ここに掲載されていない車種および保険期間なども取扱いを行っております。
2017年04月01日