DRIVE RECORDER


注意:SDカードのフォーマットについて

  • 安定してドラレコをご使用いただくために、microSDHCカードは定期的にフォーマットを行うことをおススメします。(1~2週に一度)
  • SDカードはNAND型フラッシュメモリとコントローラーから構成されており、フォーマットせずに使い続けると、記録できない領域(不良セクタ:ファイルにゴミが溜まる)が発生します。
  • 不良セクタ―には書き込みができないため、不良セクタが多くなると記録時間が短くなり、「記録できない」「必要な録画ファイルが上書きされてしまう」といったことが起こる可能性があります。1~2週間に一度SDカードをフォーマットすることで、正常に動作することができますので必ず行なって下さい。
  • 大切なデーターはバックアップしましょう。フォーマットを行なうとSDカード内にある録画ファイルは全て削除されます。
    必要に応じてパソコンにバックアップをしてからフォーマットすることをおススメします。
  • また、microSDカードは消耗品です。寿命がありますので定期的な交換をおススメします。(1~2年ごと)
    フォーマットしてもSDカードエラーが頻繁に起こる場合は、SDカードの寿命が考えられますので取り換えをおススメします。

ドライブレコーダーって何をポイントに選べば良いの?

あおり運転など危険運転や、事故の状況を記録できるドライブレコーダーに注目が集まっています。
しかし、いざドライブレコーダーを購入するとなると、どの機種が良いか迷ってしまいますよね。
ドライブレコーダーは、どんなポイントに注意して購入すれば良いのでしょうか?

ポイント①:カメラの性能にこだわる

その1:画像解像度
ドライブレコーダー(以下、ドラレコ)は、運転中に事件・事故に巻き込まれた際、解決の手がかりとなる映像を撮影・録画できます。
そのため鮮明な映像は、ドラレコに求められるもっとも大切な機能と言えるかもしれません。再生画像の鮮明さは、画像解像度が大きく影響します。
実用性と価格を考慮すると、フルHD(200万画素)以上がおすすめです。

その2:露出調整機能
ドラレコもビデオカメラの1種であり、光が明るすぎると撮影映像は白くなります。いわゆる露出オーバーです。また夜間は周囲が暗すぎて、ナンバーが黒く潰れてしまいます。この露出を自動的に補正してくれる機能が、WDRやHDRです。他にもオートバランス、オートW/B、W/B調節機能なども同じく露出調整機能ですが、WDR/HDR機能では、さらに色も鮮やかになりコントラストも高まり、美しい撮影映像が得られます。ドライブ中に外部の明るさが変わることは、当たり前。ぜひともおすすめしたい機能です。
WDRがより広義の逆光補正、HDRは特定の手法を使用した逆光補正という意味合いで使っているメーカーが多いようです。
Youtubeのドライブレコーダーの比較動画などで、「HDR vs WDR」と言うような比較がなされていますが、逆光の補正能力や見え方はレンズやCMOSセンサーの特徴にも左右されますので、実際に同じ条件下で使用した動画を並べて見なければ比較は困難です。(並べて見てもあんまり変わらない気がしなくもない事が多い)高性能レンズやCMOSを使用しているドライブレコーダーの場合、それをWDRと謳うメーカーもあれば、そうでないメーカーもあります。
もともとスペックの高いハードウェアにHDR補正を掛けている場合には「WDR+HDR」と表現しているものもありますし、明らかに補正が入っているような動画の場合でも「WDR」と表現されているようなケースもあります。
また、同じHDRと謳われているものの中でも、本来の用語の定義であろう「明暗の異なる2枚の動画を重ね合わせる方法」ではなく、「1枚の映像のコントラストを落とす方法」で白つぶれを行っているものもあるようです。特に「1枚の映像のコントラストを落とす方法」を採用しているモデルには、ナンバーの文字と白枠の部分のコントラストも低下してしまうので、解像度の割にナンバー認識精度があまり高く無くなるという弊害が発生します。HDRは、光の取り込みレベルを変えた写真を複数枚同時に撮影して、これらの写真のうち見易い部分を合成して出力する技術として浸透しています。一方でWDRはどうかと言うと、同じく幅広いコントラスト比に対応する技術には変わりはありませんが、一般的には高性能レンズやCMOSセンサーにより、ハードウェアの力であらゆるシチュエーションで見易い映像を出力する技術と言えます。(ハードウェアの力なので、ソフトを動かさない分CPUへの負荷が少なく、画像が荒れにくい)とは言え、メーカーによってはHDRをWDRと表現している場合や、全く別の方法をWDRと謳っている事もあります。逆光補正機能という括りの中にWDRが存在し、その中に複数枚の写真を合成する手法であるHDRが存在するという使われ方をしているようですので、HDRかWDRであるかを気にするよりも、実際の動画を見て判断した方が良いでしょう。

その3:レンズ画角
レンズ画角とは、レンズの前方のどの範囲の映像を撮影することができるかの指標になります。水平、垂直、対角の3種があります。特にこだわってほしいのが水平レンズ画角。この数値が大きいと、横に幅広く映ります。画角が130度以上あると、横方向からの衝突事故もある程度対応することが可能。水平レンズ画角は、大きいほうがおすすめです。もし前方だけでなく、左右後ろにもドラレコを取り付けるなら、水平レンズ角120度未満で十分です。

その4:一体型とセパレート型
ドラレコには、カメラと本体が一体になった一体型と、カメラと本体が別になったセパレート型があります。前方視界(フロントガラスまわり)をスッキリさせたいのであればセパレート型がおすすめですが、現在は一体型が主流になっています。
また、カメラを2つ搭載したデュアルカメラというタイプもあります。これは、本体の前後にカメラを1つづつ配置することで、前方と後方を同時に録画できる機能を持ったもの。後方カメラでは、車内の様子も撮影することができます。

ポイント②:録画方法にこだわる

ドラレコの録画方法には、通常常時録画、センサー録画、手動録画の3種類があり、通常時は常時録画を行い、衝撃を受けた時にはセンサー録画、乗員がボタンを押すと手動録画を行います。
さらに駐車中など車から離れた時、わずかな振動や動く物体を検知した時に作動する駐車録画機能に対応している機種もあります。当て逃げや車上荒らし対策に効果が期待できる機能です。ただし、長期間作動させておくとバッテリー上がりの原因になるので、長時間の駐車録画は行わないほうが良いでしょう。

ポイント③:付随機能にこだわる

ドラレコには機種により、商品の差別化を顕著にする機能があります。

その1:外部映像出力機能
ドラレコには通常、3インチ程度の液晶が搭載されています。どうせ見るのなら、もっと大きい画面で見たいですよね。そこで外部モニターに録画映像を出力する機能にこだわってみましょう。Wi-FiとAVケーブル出力の2種が主流です。Wi-Fiならスマホやタブレットで、カメラが撮影している映像をリアルタイムに見ることができます。AVケーブル出力は、AVケーブルでドラレコとナビのモニターなどを接続すると、車内モニターでカメラが撮影している映像を見ることができます。クーペなど室内空間が限られている車種なら、スマホやタブレットに電源ケーブルを刺さなくても良いのでこちらが便利です。

その2:GPS機能
ドラレコにGPS機能が備わると、動画に位置情報(ジオタグ)も記録されます。交通事故にあった場合、後からでも詳しい住所がわかります。グーグルマップなどと連携し、ドライブコースをマップに表示できる機種もあり、後日、ドライブの思い出を振り返ると
いった使い方も可能です。ドライブレコーダーは、周囲を監視・録画するもの。この点に立ち返ると、画素数、レンズ性能に特にこだわりたいです。

 

SEIWA

PIXYDA_360EYEドライブレコーダー(2017.10発売)
PDR600SV:¥30,000(税別)
取付工賃¥8,000~(税別)
※GPS非搭載

  • › 水平360°超広角撮り
     › 1台のカメラで4画面
     › 前後左右の確認が可能
     › 水平360°をFHD画質(約200万画素:1440×1440)で鮮明に撮影
  • › タッチ操作でその場で確認できる
  • › 選べる表示モード
  • › リアカメラモード(オプション)
     › オプション追加で、後方も録画
  • › microSD付属(32GB)。64GBのSDカードは使用できません 
  • › Gセンサーで衝撃を検知
  • › エンジン停止後も駐車監視モードで録画
     › 常時接続ケーブル(オプション)追加で、長時間監視録画
  • › PCで映像確認できる
電源ケーブル(PDR001)
¥2,980(税別)

付属の電源ケーブルと同じです。
5V/2.4Aの充電端子付き。
常時接続ケーブル(PDR002)
¥3,980(税別)

バッテリー常時接続で駐車中でも車を監視します。バッテリー上がりを防ぐ電圧監視機能付きです。 バッテリー電圧が12V車は11.6Vで、24V車は23.3Vまで下がったら電圧が自動で落ちます。
リアカメラ(PDR007)
¥7,000(税別)
工賃(車外取付):¥16,000~(税別)

リアカメラを取り付けると、液晶画面の右側にリア映像が小窓で表示されます。 事故が多い後方からの追突もしっかり録画でき、画面をタッチをすると全面表示されます。 リバースに入れると、リアカメラの映像が自動で全画面表示となり、バックカメラになります。その間も録画は行っております。
駐車の際に便利なガイドライン表示付きで、上下の角度調整が可能で見やすい角度に微調整ができます。※リアカメラの画質は30万画素

 

PIONEER

ドライブレコーダーユニット(2015.3発売)
ND-DRV1:¥20,000(税別)
取付工賃¥18,000~(税別)

  • カーナビと連動してスムーズに操作
    カーナビ側の GPS情報と連動して、「日時」「緯度経度」「速度」「方位角」を表示。カーナビ側のGPS情報を使用しているので、精度の高い情報で記録します
  • カーナビ以外との接続可能 ※GPSは使用できません
  • 日時設定のメモリー機能付き(常時電源を接続)
  • 207万画素・CMOSセンサー・Full HD画質・WDR機能 › 動画
  • カメラは車内専用(非防水・USBケーブルタイプ)
  • 上下回転、左右反転と撮影表示を切り替え
  • 衝撃映像は自動で保護。手動で動画・静止画を撮影
  • 車内の音声もしっかり記録(ON/OFF切換え可能)
  • 「もしも」を見逃さない「セキュリティ機能」・常時24時間365日録画
    エンジンが停止した駐車中でも、内蔵センサーが振動を検知した場合は、自動で録画を開始、動画ファイルを保存します。ドライブレコーダーリンク機能に対応した楽ナビなら、ナビ起動後にメッセージ表示されるので、すぐに異常を確認できます。(セキュリティの感度調整は3段階から設定可能)
  • microSD(8GB)付属
本体部  
出力端子 4極ミニピンジャック(同梱)、ドライブレコーダーリンク接続用ケーブル(同梱)
記録媒体 microSDHCカード (8GB~32GB、class4以上、動作確認用microSD 8GB同梱)
記録解像度 1920×1080p、1280×720p、848×480p
記録解像度(動画) フルHD(1920×1080p)、HD(1280×720p)、VGA(848×480p)
記録解像度(静止画) 1920×1080、1280×720、848×480
画素圧縮方式 動画:MOV(H.264動画圧縮規格) 静止画:JPEG
フレームレート 27.5 fps
録画可能時間 約1.2時間(フルHD時)、約2.5時間(HD時)、約3.9時間(VGA時)
消費電流 190 mA(セキュリティ待機時など:約1 mA)
取付寸法(W×H×D) 55mm×90mm×20mm
質量 66g (ブラケット、接続ケーブル等を除く)
センサー 3軸Gセンサー内蔵
保存温度 -30℃~+85℃
動作温度範囲 -20℃~+60℃
その他 音声録音用マイク内蔵、録画音声用外部出力端子(ミニピンジャック×1)
カメラ部(12V専用)  
撮影素子 CMOSセンサー
画素数 207万画素
画角 水平120度 垂直63度 対角145度(フルHDおよびHD時)
F値 F2.0
取付寸法(W×H×D) 30 mm × 30 mm × 30 mm
保存温度 -40℃~+105℃
動作温度範囲 -20℃~+60℃
STREET(ストリート)_パイオニア・ドライブレコーダー接続ケーブル
AH-24:¥OPEN (市場流通価格:¥2,000)

  ND-DRV30 ND-DVR20 ND-DVR10 ND-DVR40 ND-DVR1
価格(税別) ¥22,000 ¥20,000 ¥18,000 ¥14,000 ¥20,000
取付工賃(税別) ¥8,000~ ¥8,000~ ¥8,000~ ¥8,000~ ¥18,000~
エーモン_電源ソケット
(プラグロックタイプ)
No.1541(7641)
(税別)
必要
¥1,200
必要
¥1,200
必要
¥1,200
必要
¥1,200
×
取付タイプ 一体型 一体型 一体型 一体型 セパレート
有効画素数/
解像度
約300万画素
2304×1296P
約300万画素
2304×1296P
約207万画素
1920×1080P
約207万画素
1920×1080P
約207万画素
1920×1080P
フレームレート/
輝度調整
27.5fps/
WDR
27.5fps/
WDR
27.5fps/
WDR
27.5fps/
WDR
27.5fps/
WDR
駐車中の録画機能 駐車監視機能
内蔵バッテリー
:約50分
駐車監視機能
内蔵バッテリー
:約50分
駐車監視機能
内蔵バッテリー
:約50分
駐車監視機能
内蔵バッテリー
:約50分
駐車監視機能
常時:
24時間365日
危険挙動録画 × × ×
ダブルレコーディング
機能(前後録画対応)
× × × ×
ナイトサイト
(高感度撮影)
× × × × ×
偏光フィルター
AD-PLF1(税別)
別売
¥3,000

同梱
別売 別売 非対応
同梱
microSDカード
SDHC
8GB
SDHC
8GB
SDHC
32GB
SDHC
8GB
SDHC
8GB
カーナビ連動
(ドライブレコーダー
リング機能対応)
× × × ×
GPS
(準天頂衛星
みちびき対応)
対応 対応 対応 対応 ナビ接続時
GPSのみ対応
電源電圧 12V/24V
シガーライター
電源付属
12V/24V
シガーライター
電源付属
12V/24V
シガーライター
電源付属
12V/24V
シガーライター
電源付属
12V
パソコン用
ビューアーソフト
Driving
Viewer
Driving
Viewer
Driving
Viewer
Driving
Viewer
非対応
専用アプリ × × × × ×
内蔵バッテリー ×

PIONEER_映像出力用RCA分配器
RD-VRD10:¥4,000(税別)
取付工賃:¥8,000~(税別)
※ナビ、バックカメラ取付は別途
※バックカメラの電源がリバース時の場合、ACCの接続に変更(工賃別途)

PIONEER_フロアカメラユニット
ND-FLC1:¥OPEN(市場流通価格:¥22,000・税別)


PIONEER_マルチドライブアシストユニット
ND-MA1:¥OPEN(市場流通価格:¥48,000・税別)


  • クルマと人を常に見守り、リスクには高度に対応
  •  

 

SRセーフティシステム

リヤビューカメラ・レコーダー(2018.3.22発売)
  品 番 価 格
(税別)
トヨタ・ダイハツ4P用 SR-SD01 ¥13,000
RCA用 SR-SD02 ¥12,800
上記専用GPSアンテナ SR-SD03 ¥4,200
取付工賃¥16,000~(税別)

お手持ち(装着済み)のリアビュー (バック)カメラが後方を録画できるドライブレコーダーになります。 高価なカメラを追加することなく経済的です。※使用するカメラの画素数(画質)により録画される映像の画質(見え方)が変わります。
リアビュー(バック)カメラの接続がトヨタディーラーオプション用4ピン(SD01)もしくはRCAタイプ(SD02)であればOK。 本機を既存のシステムに追加することで、リアビュー(バック)カメラで撮影したモニターの映像をSDカードに常時録画します。必要な時にSDカードを取り出し、PCなどで再生します。トヨタ4ピンやRCAタイプでなくても、社外のオプション変換ケーブルを使用することで、各社純正ナビにも対応します。
エンジンスタート(ACC ON)に連動して起動し、自動的に録画を開始します。接続後は特に操作を必要としません。 後方が気になる時に、手元の手動録画スイッチボタンを押ことで、上書きされないファイルを作成し保存することが可能。 ※最大3件(9ファイル)まで。
後方にドライブレコーダー搭載を知らせるステッカーを同梱。貼ることで、ドライブレコードダーが録画中であることを周囲に知らせ、安全運転を促す事ができます。
【ステッカースペック】素材:反射シートステッカー サイズ:10cm×10cm
オプション品のGPSセンサー(品番:SR-SD03)を装着するだけで、GPSによる時計誤差修正。録画データ緯度経度情報を確保し、録画映像に日時・位置情報が明記出来ます。「いつ、どこで、何があったのか」正確に情報を取得する事ができます。

バックカメラ取付_NISSAN SKYLINE GT-R(BNR34)
動画(昼間)
動画(夜間)

適合不可:トヨタディーラーオプションナビ_マルチビューバックガイドモニター(視点切替機能付きバックカメラ)
     T−CONNECTナビ10インチ/9インチにオプション設定されるカメラ。

 

ECLIPSE

録ナビ(2017.12シリーズ発売・2018年モデル)
AVN-D8
7型標準(AVN-D8):¥OPEN 市場流通価格:¥80,000(税別)
7型ワイド(AVN-D8W):¥OPEN 市場流通価格:¥78,000(税別)
取付工賃¥25,000~(税別)

  • ドライブレコーダー内蔵
  • メモリーナビゲーション内蔵
  • 地デジ(ワンセグ/フルセグ)
  • VICS WID/ESD/CD/DVD/USB/Bluetooth/Wi-Fi
  • 地図無料更新
  • 7型WVGA AVシステム

バックアイカメラ(BEC113)
¥OPEN 市場流通価格:¥10,000(税別)
取付工賃:¥16,000~(税別)

パーキングアシスト・カメラ拡張機能BOX
(BSG17)
¥OPEN 市場流通価格:¥20,000(税別)

①バック進行方向予測線
②障害物検知
③VIEW視点切替

カメラ機能拡張BOX用 汎用接続キット
(BSGT17)
¥5,000(税別)
取付工賃:別途

USB接続コード(1.5m・USB111)
¥2,000(税別)
取付工賃:別途

iPhone/iPodを接続する場合は別途
・Apple_30P-USBケーブル
・Lightning-USBケーブル
が必要。

フロントカメラアイ(FEC111)
¥OPEN 市場流通価格:¥21,000(税別)

フロントグリルやバンパーなどに取り付けた、フロントアイカメラからの左右映像をAVNに表示。見通しの悪い交差点や、出庫時の周辺状況をモニターできます。
表示を車速と連動させることで、路地からわずかに突出させた状態で進入路を確認できるため、出会い頭の事故防止などに役立ちます。
DSRC・ETC2.0対応車載器(DSRC113)
¥45,000(税別)
セットアップ料:¥5,000(税別)

 

東京海上日動火災保険

ドライブエージェントパーソナル(2017.4.1発売) › 説明詳細・取扱説明書
月額:¥650(一時払・年払い:¥7,480
取付工賃¥5,000~(税別)
エーモン_電源ソケット(プラグロックタイプ) No.1541(7641):¥1,200(税別)

端末が大きな衝撃を検知した際に、事故受付センターに自動で連絡が行われ、状況に応じて救急車の手配等を行います。事故映像(衝撃検知の前後10秒)が自動的に記録・送信され、当社と共有されます。

東京海上日動・自動車保険T/Aの特約ですのでご注意下さい。自家用乗用車(普通・小型・軽四輪)のみ

  • 高度な事故対応
    ・自動で事故連絡を行いドライブレコーダーで通話が可能
    ・事故映像を自動的に記録、送信
  • 事故防止支援
    ・お客さまの運転状況をもとにリアルタイムに注意喚起
  • 安全運転診断
    ・お客さまの運転特性をもとに専用のレポートをご提供
エーモン_電源ソケット(プラグロックタイプ)
No.1541(7641):¥1,200(税別)

 

YUPITERU_指定店モデル_ハイグレードプレミアムシリーズ  
YUPITERU marumie Q-01
¥60,000(税別)→¥46,000(税別)
※2018.年2月1日~価格改定
取付工賃:¥8,000~(税別)​
YUPITERU S10
¥50,000(税別)
取付工賃:¥8,000~(税別)
YUPITERU ZD600WF
¥30,000(税別)
取付工賃:¥8,000~(税別)
YUPITERU ZD600
¥27,500(税別)
取付工賃:¥8,000~(税別)
YUPITERU DRY-ST7100d
¥23,000(税別)
取付工賃:¥8,000~(税別)
YUPITERU DRY-SV8100d
¥26,000(税別)
取付工賃:¥8,000~(税別)
YUPITERU SN-SV70d パンフレット
¥26,000(税別) 2018年2月発売→2018年3月発売延期
取付工賃:¥8,000~(税別)
https://youtu.be/6B3u4INz8Bc
夜間も鮮明に映像記録。SUPER NIGHTシリーズ
 

 

YUPITERU_指定店モデル_ハイグレードモデル  
YUPITERU DRY-ST3000d
¥16,000(税別)2017.3発売
取付工賃:¥8,000~(税別)
YUPITERU DRY-ST5000d NEW
(税別)
取付工賃:¥8,000~(税別)
YUPITERU DRY-S100d
¥32,000(税別)
取付工賃:¥8,000~(税別)
 

 

YUPITERU_指定店モデル_ドライブレコーダー搭載セパレートレーダー探知機  
YUPITERU Z810DR
¥60,000(税別)
取付工賃¥10,000~(税別)
 

 

YUPITERU_指定店モデル_バイク専用  
YUPITERU BDR-2 WiFi
¥40,000(税別)
取付工賃¥8,000~(税別)
 

 

その他  
KEWOOD microSDHC メモリーカード(ドライブレコーダー専用)
KNA-SD8A(8GB):¥OPEN(実勢価格:¥2,500前後)
KNA-SD16A(16GB):¥OPEN(実勢価格:¥5,000前後)
KNA-SD32A(32GB):¥OPEN(実勢価格:¥8,000前後)
SAMSUNG_PRO Endurance
MB-MJ32GA/EC(SDHC・32GB):¥OPEN(実勢価格:¥3,050)
MB-MJ64GA/EC(SDXC・64GB):¥OPEN(実勢価格:¥6,200)
MB-MJ128GA/EC(SDXC・128GB):¥OPEN(実勢価格:¥12,500)
エーモン_電源ソケット(プラグロックタイプ)
No.1541(7641):¥1,200(税別)※1548は生産終了

 



YUPITERU・指定店モデル_ハイグレードプレミアムシリーズ

YUPITERU marumie Q-01:¥60,000(税別)2016.12.1発売 [H/P] [PDF
取付工賃:¥8,000~(税別)

業界初!全天球ドライブレコーダー
720°(水平360°+垂直360°)全天球映像を、1台のドライブレコーダーで記録可能。(12V/24V)

カメラ素子:200万画素カラーCMOS
視野角:水平360°×垂直360°(2カメラ映像を合成)
記録解像度:200万画素
画質:HDR(ハイダイナミックレンジ)
最低被写体照度:1LUX(ルクス)
記録媒体:SDHCカード(16GB付属)

駐車記録機能(オプション)
エンジンをOFFにすると、外部電源により駐車中も記録を行います。
最大12時間の駐車記録、衝撃検知記録が可能です。
駐車記録にはマルチバッテリー、電圧監視機能付き電源ユニットの2通り。


マルチバッテリー(ACC接続方式)
OP-MB4000:¥23,000(税別)
取付工賃:¥8,000~(税別)
※接続ケーブル(OP-CB5R)が別途必要です。

エンジンをOFFにすると、走行中に充電されたマルチバッテリーからの電源供給により、駐車記録を行います。
車両バッテリーからの電源供給と違い、バッテリー上がりの心配がありません。
(最大約12時間・12V専用)
専用ビューアソフトで、オフタイマー設定も可能です。
マルチバッテリー設定を使用して駐車記録を行った場合、録画コマ数は自動で「1コマ/秒」で固定されたSDカードのデータ容量を抑えます。

OP-MB4000取扱説明書
OP-MB4000接続方法

接続ケーブル(約4m)
OP-CB5R:¥2,000(税別)

Q-01とマルチバッテリー(OP-MB4000)を接続する専用接続ケーブルです。

電圧監視機能付き電源ユニット(車両バッテリー接続方式)
OP-VMU01:¥6,000(税別)
取付工賃:¥8,000~(税別)

車両バッテリーに繋げて駐車記録を行う。
オフタイマー設定・車両バッテリー電圧監視機能付きの電源ユニットです。(最大約12時間・12V/24V車対応)

OP-VMU01取扱説明
OP-VMU01接続方法

SDカード(Q-01専用)
8GB(OP-SD08):¥3,000(税別)
16GB(OP-SD16):¥5,000(税別)
32GB(OP-SD32):¥10,000(税別)

付属品、または本機専用SDカード以外のSDカードは使用できません。

YUPITERU S10:¥50,000(税別)2017.9.1発売 [H/P] [PDF]
取付工賃:¥8,000~(税別)

車載監視カメラ&ドライブレコーダー
業界初エリアセンサー搭載。360°カメラ&セキュリティセンサで走行中も駐車中もしっかり記録
全周囲360°記録対応ドライブレコーダーにより1台で前後、左右、車内を記録します。
(GPS搭載、Gセンサー記録、16GB microSD付属)
・衝撃センサー
・傾斜センサー
・エリアセンサー
・ドア開センサー

記録した映像や各種設定は、パソコンからの専用ビューアソフトとWiFiを使用してスマホでも映像確認、各種設定が可能になっております。(iOS8,9,10 Android5,6 ※2017年8月現在)

駐車記録機能(電圧監視機能付き電源ユニット内蔵)
エンジンOFFにすると、駐車監視(接近監視モード)に移行し、車両バッテリーの電源供給により最長約2週間行います。夜間や暗所でも、LED発光により鮮明に記録するために暗所撮影用LED搭載。


マルチバッテリー(ACC接続方式)
OP-MB4000:¥23,000(税別)
取付工賃:¥8,000~(税別)
※接続ケーブル(OP-CB001)が別途必要です。

エンジンをOFFにすると、走行中に充電されたマルチバッテリーからの電源供給により、駐車記録を行います。
車両バッテリーからの電源供給と違い、バッテリー上がりの心配がありません。
(最大約12時間・12V専用)
専用ビューアソフトで、オフタイマー設定も可能です。
マルチバッテリー設定を使用して駐車記録を行った場合、録画コマ数は自動で「1コマ/秒」で固定されたSDカードのデータ容量を抑えます。

OP-MB4000取扱説明書
OP-MB4000接続方法

接続ケーブル(約4.9m)
OP-CB001:¥2,500(税別)

S10とマルチバッテリー(OP-MB4000)を接続する専用接続ケーブルです。

YUPITERU ZD600WF:¥30,000(税別)2017.1.19発売 [H/P][PDF
YUPITERU ZD600:¥27,500(税別)2016.8発売 [H/P][PDF
取付工賃:¥8,000~(税別)

自社設計開発、日本国内生産、安心の3年保証です。
通常モデル「ZD600」とスマートフォンやタブレットでも映像の確認が可能なWiFiモデル「ZD600WF」の2品番での販売展開となります。​

​カメラは200万画素CMOSを採用し、白とびを抑えるHDR搭載。レンズも最大記録画角:水平120°垂直62°と広い範囲をサポートします。
GPS搭載、Gセンサー搭載しております。​

画面サイズ:2.0インチ 最大記録画角:対角145° 200万画素Full HD

駐車記録機能(オプション)
エンジンをOFFにすると、外部電源により駐車中も記録を行います。
最大12時間の駐車記録、衝撃検知記録が可能です。
駐車記録にはマルチバッテリー、電圧監視機能付き電源ユニットの2通り。


マルチバッテリー(ACC接続方式)
OP-MB4000:¥23,000(税別)
取付工賃:¥8,000~(税別)
※接続ケーブル(OP-CB5R)が別途必要です。

エンジンをOFFにすると、走行中に充電されたマルチバッテリーからの電源供給により、駐車記録を行います。
車両バッテリーからの電源供給と違い、バッテリー上がりの心配がありません。
(最大約12時間・12V専用)
専用ビューアソフトで、オフタイマー設定も可能です。
マルチバッテリー設定を使用して駐車記録を行った場合、録画コマ数は自動で「1コマ/秒」で固定されたSDカードのデータ容量を抑えます。

OP-MB4000取扱説明書

接続ケーブル(約4m)
OP-CB5R:¥2,000(税別)

マルチバッテリー(OP-MB4000)を接続する専用接続ケーブルです。

電圧監視機能付き電源ユニット(車両バッテリー接続方式)
OP-VMU01:¥6,000(税別)
取付工賃:¥8,000~(税別)

車両バッテリーに繋げて駐車記録を行う。
オフタイマー設定・車両バッテリー電圧監視機能付きの電源ユニットです。(最大約12時間・12V/24V車対応)

OP-VMU01取扱説明

YUPITERU DRY-ST7100d:¥23,000(税別)2017.8.17発売 [H/P][PDF
取付工賃:¥8,000~(税別)

新たにフォーマットボタンを搭載し、SDカードフォーマットが簡単にできます。
駐車中記録機能に(オプション)動きを検知した時だけ自動で記録(NEW)

QUAD HD(350万画素相当)の超高解像度録画を実現!
さらに鮮明な映像を記録します。最大記録画角145°
また、アクティブセーフティ機能を搭載し、事故の未然防止をサポートします。

GPS搭載、Gセンサー記録、HDR(ハイダイナミックレンジ)搭載2.0インチTFT液晶。


駐車記録機能(オプション)
エンジンをOFFにすると、外部電源により駐車中も記録を行います。
最大12時間の駐車記録、衝撃検知記録が可能です。
駐車記録にはマルチバッテリー、電圧監視機能付き電源ユニットの2通り。

人や車などの動きを検知して記録を開始し、1分間映像に動きがなかった場合は自動で終了。
不要な記録を防ぐことができ、映像の確認がしやすく、またSDカードの消耗軽減にも有効。



マルチバッテリー(ACC接続方式)
OP-MB4000:¥23,000(税別)
取付工賃:¥8,000~(税別)
※接続ケーブル(OP-CB5R)が別途必要です。

エンジンをOFFにすると、走行中に充電されたマルチバッテリーからの電源供給により、駐車記録を行います。
車両バッテリーからの電源供給と違い、バッテリー上がりの心配がありません。
(最大約12時間・12V専用)
専用ビューアソフトで、オフタイマー設定も可能です。
マルチバッテリー設定を使用して駐車記録を行った場合、録画コマ数は自動で「1コマ/秒」で固定されたSDカードのデータ容量を抑えます。

OP-MB4000取扱説明書
OP-MB4000接続方法

電圧監視機能付き電源ユニット(車両バッテリー接続方式)
OP-VMU01:¥6,000(税別)
取付工賃:¥8,000~(税別)

車両バッテリーに繋げて駐車記録を行う。
オフタイマー設定・車両バッテリー電圧監視機能付きの電源ユニットです。(最大約12時間・12V/24V車対応)

OP-VMU01取扱説明
OP-VMU01接続方法

ACアダプター
OP-E368:¥3,000(税別)

ご家庭で使用することができます。

YUPITERU DRY-ST8100d:¥23,000(税別)2017.12発売 [H/P][PDF
取付工賃:¥8,000~(税別)

FULL HDを超えるQUAD HD録画。無線LAN接続でもっと便利に。
新たにフォーマットボタンを搭載し、SDカードフォーマットが簡単にできます。
駐車中記録機能に(オプション)動きを検知した時だけ自動で記録(NEW)



350万画素のQUAD HD録画を実現!さらに鮮明な映像を記録。

GPS搭載、Gセンサー記録、HDR(ハイダイナミックレンジ)搭載で安心。

1.5インチTFT液晶、16GB microSDカード付属、最大記録角147°。

スマートフォンやタブレットで記録した映像を「無線LAN接続」で確認できます。

駐車記録機能(オプション)
エンジンをOFFにすると、外部電源により駐車中も記録を行います。
最大12時間の駐車記録、衝撃検知記録が可能です。
駐車記録にはマルチバッテリー、電圧監視機能付き電源ユニットの2通り。

人や車などの動きを検知して記録を開始し、1分間映像に動きがなかった場合は自動で終了。
不要な記録を防ぐことができ、映像の確認がしやすく、またSDカードの消耗軽減にも有効。



マルチバッテリー(ACC接続方式)
OP-MB4000:¥23,000(税別)
取付工賃:¥8,000~(税別)
※接続ケーブル(OP-CB5R)が別途必要です。

エンジンをOFFにすると、走行中に充電されたマルチバッテリーからの電源供給により、駐車記録を行います。
車両バッテリーからの電源供給と違い、バッテリー上がりの心配がありません。
(最大約12時間・12V専用)
専用ビューアソフトで、オフタイマー設定も可能です。
マルチバッテリー設定を使用して駐車記録を行った場合、録画コマ数は自動で「1コマ/秒」で固定されたSDカードのデータ容量を抑えます。

OP-MB4000取扱説明書
OP-MB4000接続方法

電圧監視機能付き電源ユニット(車両バッテリー接続方式)
OP-VMU01:¥6,000(税別)
取付工賃:¥8,000~(税別)

車両バッテリーに繋げて駐車記録を行う。
オフタイマー設定・車両バッテリー電圧監視機能付きの電源ユニットです。(最大約12時間・12V/24V車対応)

OP-VMU01取扱説明
OP-VMU01接続方法

ACアダプター
OP-E368:¥3,000(税別)

ご家庭で使用することができます。
YUPITERU・指定店モデル_ドライブレコーダー搭載セパレートレーダー探知機

YUPITERU Z810DR:¥60,000(税別)2017.5発売 [H/P][PDF
取付工賃¥10,000~(税別)

レーダー探知機・ドライブレコーダー・アクティブセーフティーの三位一体4ピースセパレートタイプのGPS&レーダー探知機。

従来のレーダー探知機は、小型オービスの位置をGPSデータに登録して対応していましたが、本機は小型オービスのレーダー波を受信し、GPSデータとレーダー波受信のダブル警報を行います。

・GPS&Gセンサー搭載
・300万画素動画が撮影可能
・レンズは400万画素CMOSセンサー搭載
・HDR搭載
・スタートインフォメーション機能搭載
・レーンキープアシスト機能搭載
・前方衝突防止アラート機能搭載
 ※別売(OBD12-MⅡ)を接続すれば、ウインカー、ブレーキを認識し不要なアラームをカット
・レーダー探知機の画面で、ドライブレコーダーの動きの状態、設定等を表示。
・イベントの発生場所を、マップ表示できます。
・レーダー探知機の画面で、ドライブレコーダーの映像を確認できます。
・カメラ映像画面でも、レーダー探知機の警報が可能。
・画面サイズ:3.0インチ 最大記録画角:対角104° Full HD



無線LAN機能付SDカード
OP-WLSD08:¥7,000(税別)

業界初・ファームウェア自動チェック

無線LAN機能が付いたSDカードです。
データ自動更新機能が付いており、無料の公開取締情報やオービス・取締り系&コンテンツデータを更新することができます。
本体の電源ONとともに最新のファームウェアを確認。
常に最新の仕様でお使いいただけます。

オービス・取締系&コンテンツデータ、公開取締情報・速度取締り指針を自動更新
※オービス・取締系&コンテンツデータのダウンロードには別途ity.クラブの契約が必要です。

投稿されたリアルタイム取締・検問情報を、専用アイコンで警報

Googleカレンダーに走行記録を登録可能
※Googleカレンダーは他に別売オプションのOBDⅡアダプターが必要です。


OBDⅡアダプター(約4m)
OBD12-MⅢ:¥6,000(税別)
OBD-HVTM:¥8,000(税別)トヨタハイブリッド用

OBDⅡアダプターは、本機への電源供給に加え、エンジン状態、燃費などの車両情報を取得します。
より正確な速度や移動距離がわかるので、トンネル内などのGPSが測位できない所でも自車位置を補完でき、警報の精度をより高められます。
※OBDⅡアダプター使用時は、付属品のシガープラグコード、電源直結コードは使用できません。

OBDⅡアダプター適応表


ブレーキ・ウィンカー検出ケーブル
OP-CB002:¥3,000(税別)
取付工賃:¥8,000~(税別)

ブレーキ・ウィンカー検出ケーブルを接続することによりアクティブセーフティ機能の動作を抑制し不要な警報を減らすことができます。

DCプラグ⇒ミニプラグ変換コネクター
OP-8U:¥800(税別)

YUPITERU製レーダー探知機からのお買い換えなどの場合に、既存のシガープラグコードや電源直結コードを継続して使用していただけるように、本機接続側のDCプラグをミニプラグに変換するコネクターです。

YUPITERU・指定店モデル_バイク専用・ドライブレコーダー

YUPITERU BDR-2 WiFi:¥40,000(税別)2017.12発売 [H/P][PDF
取付工賃:¥8,000~(税別)

バイク専用ドライブレコーダーならではの特徴

雨の日も安心 防水&防塵性能。急な雨や、道路状況の悪い場所での走行にも安心。
IEC(国際電気標準会議)規格で定められた防水や防塵に対する規格の「IP55」相当の
防水・防塵設計です。※完全防水ではありません

車両から電源をとるので、走行時の電池切れや充電の心配がありません。
配線の取り回しを考えて、DC/DCコンバーターを本体に内蔵。
(DC12V/24V・マイナスアース車専用)

高画質Full HD(動画200万画素CMOS)
HDR(ハイダイナミックレンジ)搭載、視野角は対角154°(水平121°、垂直62°)
音声も記録!(ON/OFF可能)、GPS搭載、無線LAN接続、8GB SDカード付属


取付汎用ステー
OP-Stay01:¥3,000(税別)

寸法図

取り付けマウントキット
OP-MNT02:¥8,000(税別)

本オプション1点でハンドルバーに取り付け可能となります。

取付説明書
その他

KEWOOD microSDHC メモリーカード(ドライブレコーダー専用)[H/P
KNA-SD8A(8GB):¥OPEN(実勢価格:¥2,500前後)
KNA-SD16A(16GB):¥OPEN(実勢価格:¥5,000前後)
KNA-SD32A(32GB):¥OPEN(実勢価格:¥8,000前後)

ドライブレコーダーでの使用を前提に開発された、書き換え回数と長期間のデーター保持能力と飛躍的に向上させた高耐久タイプのmicroSDHCカード。

SDスピードクラス:クラス10
UHSスピードクラス:クラス1

SDカードは、繰り返しデータを書き換えることにより内部部品が消耗する特性を持っています。ドライブレコーダーで使用する場合、録画による書き換えを繰り返すため、SDカードの消耗が早く、エラーが起きやすくなります。現在主流となっている常時録画型のドラレコは走行中は常時メモリーカードにデーターを書き込んでおり、最近では駐車中も録画できるドラレコも登場。メモリーカードへの書き込み回数は半端ではない。しかもフルHD画質の映像はデーター量も膨大。高温多湿という物理的な車内環境に加えて、電子的な回路的にも過酷な環境にSDカードはさらされている。
2017年6月に発売された「KNA-SD8A/16A/32A」はドラレコの使用を前提に開発された高耐久のmicroSDHCカードである。カード記録方式に業務・産業用で使われている高耐久のpSLC方式を採用。一般的なSDカードに使われているTLC方式に比べて約100倍、高品位タイプで採用せれているMLC方式に比べて10倍の書き換え能力を持っている。

また同社の(KENWOOD製)のドライブレコーダー「DRV-410/N520」などと連携してSDカード交換時期を画面表示や音声で知らせてくれる「SDカード寿命告知機能」にも対応。より安心してドラレコを使いたいならおススメします。



SAMSUNG_PRO Endurance (2018.6)
MB-MJ32GA/EC(SDHC・32GB):¥OPEN(実勢価格:¥3,050)2年間保証
MB-MJ64GA/EC(SDXC・64GB):¥OPEN(実勢価格:¥6,200)3年間保証
MB-MJ128GA/EC(SDXC・128GB):¥OPEN(実勢価格:¥12,500)5年間保証

頻繁に繰り返し録画を行うドライブレコーダーで普及タイプのSDカードを使用すると、わずか1~2年で書き込みエラーが発生するなど、SDカードが壊れた状態になってしまうのだ。その主な原因は書き込み時や消去時、SDカードに加えられる電気によるものが大きい。データーを記憶する素子に電気が加えられるたびに熱が発生し、素子が劣化するのである。超寿命のSDカードを作るためには、熱に強い記憶素子を作る必要がある。
韓国最大の電子機器・部品メーカーである「サムスン」から新たにリリースされた「SAMSUNG PRO Endurance」は、まさにドライブレコーダーなど繰り返し録画を行う電子機器用に開発されたmicroSDカード。従来のmicroSDとの大きな違いは録画耐久性にある。実は最近の永久保証をうたっているSDカードには「ドライブレコーダーや防犯カメラなどでの使用は除く」の但し書きが加えられており、ドライブレコーダーで使用したSDカードは、永久保証の対象にならない。しかしこの製品はドライブレコーダーでの使用でも32GBで2年間、64GBで3年間、128GBなら5年間確実に保証を受けられるのである。また、繰り返し録画に強いだけではなく温度や磁気、X線、海水など厳しい環境にも対応。特に温度変化が極めて厳しい車内でも、-25℃~85℃まで動作を保証してくれる。最大で読み出し100MB/s、書き込み30MB/sの転送速度を実現しており、4K動画でもスムーズな録画・再生が行える。



エーモン_電源ソケット(プラグロックタイプ)
No.1541(No.7641):¥1,200(税別)
※No.1548:生産終了

ポータブルナビ、レーダー探知機、ドライブレコーダーなどの電源の取り出しに。
走行中の振動によるプラグの抜け落ちを防止。プラグが緩まないロック機能付き。

  • 対応プラグサイズ:φ19.0~φ20.8
  • 使用可能電力:DC12V~24V車・80W以下
  • コードサイズ:0.75sq相当×約1m