PAINT・COATING

STANDOX

スタンドックスは日本国内において1995年10月からダイムラー・クライスラー日本株式会社(DCJ)の「メルセデス・ベンツ乗用車」認定塗料となっています。スタンドックスは、50年代初頭の創業以来、自動車発明の地であるヨーロッパにおける自動車補修用塗料のリーディングカンパニーとして、トップの座を常に維持し、今日に至っています。スタンドックスの製品は、全世界のほとんどの自動車メーカーに、新車用塗料を納入している”デュポンハーバーツ オートモーティブシステムズ”の最新技術をフィードバックして開発された自動車補修用塗料で、世界80ケ国以上で使用され、さらに広がりを見せています。 特にVOC規制対応製品を積極的に商品化し、環境に配慮した製品群に定評があり、中でも水性ベースコートはマーケットリーダーとなっております。スタンドックスの伝統、それは積極的な研究開発によって、自動車補修塗料産業の来るべき明日の技術をリードしていくことなのです。
MercedesBenz「ナノ粒子クリヤー」の施工については、YANASEとデュポン社との共同研究で補修プログラムを確立しました。ナノ粒子クリヤーはその素材の特性上、高度な技術が必要であり、当社は確実に施工できる体制を整えております。 認定塗料よって、補修作業においてもオリジナル塗膜と同等の品質維持が可能です。ヤナセが推奨しておりますデュポン・センタリ及び スタンドックス製のナノ粒子クリヤーはダイムラークライスラー社の認定を受けております。運転席側のドアについている下記プレートのボディカラー番号の前に“C”が記載されている場合、ナノ粒子クリヤーコートが施工されていることを示しています。


ROVER MINI(99X)

TOYOTA STARLET GT(EP82)

SUBARU Impreza WRX STi(GC8)


GUN-KOTE

アメリカ軍の指定塗料でもあるKG GUN-KOTE は、9Hという圧倒的な表面硬度を誇り、驚異の耐薬品性と高放熱効果を兼ね備えた次世代のコーティングです。 その抜群の性能は2輪4輪を問わず多くのモータースポーツ界から支持を受けております。

 › カラー見本

  GUN-KOTE Cerakote
耐溶剤性
密着性
耐衝撃性
耐熱性
耐摩耗性
硬度を高める *1
放熱性
低フリクション
耐爆性
防汚性
焼付行程
低温焼付
*1:フラットブラックとODグリーンだけの機能性



KAWASAKI ZEPHYR750(ZR750C)
F&Rブレーキ・キャリパー
#2406_Brushed Stainless
#2409S_Satin Clear

SUZUKI RM85L(RFDRD17C_A1)
ラジエター
Anodized Blue



パウダーコーティング(粉体塗装)

パウダーコーティングとは、塗料に水や有機溶剤を含まない塗膜成分だけの粉状塗料を使用する次世代の塗装方法です。 静電気で帯電させた粉状塗料をアースされた素材に吹き付けることにより、粉状塗料を静電気の力で素材の表面に付着させるので、パイプや網状の複雑な形状の素材にも均一で高性能な塗膜形成が可能です。 
※塗装後、焼付け乾燥が必要です。

塗膜は高強度で、耐候性、耐食性、耐薬品性に優れています。静電気の力で粉状塗料が素材に引き付けられるように付着するため、熟練工でなくてもパイプや網状といった複雑な形状の素材にも、簡単に均一な塗装をすることが可能です。塗料に有機溶剤や水を含まないので溶剤の揮発や排水を汚すことが無く、作業員の有機溶剤による中毒の心配も無い環境にやさしい塗装方法です。豊富な塗料カラーバリエーション

  • オートバイ/自転車のフレーム
  • ホイール
  • ヘッドカバー
  • ブレーキキャリパー
  • 工業用機械
  • 自動車/バイク部品
  • etc.

 › カラー見本
 › カラー_詳細


ミラークローム(SPD-PGMCH)

ミラークロームでベースコートした後に
キャンディーブルーでトップコート

HDブラック(SPD-PGHDB)


結晶塗装(Wrinkle Paint)

塗装表面が独特の結晶模様(ちぢみ模様)を形成する特殊な塗料です。
一般的に自動車やオートバイのエンジンのヘッドカバーやインテークマニフォールドなどに使われる塗装です。
タペット音などを軽減させる効果が期待でき、見た目に大変お洒落な塗装です。
結晶塗料には色の三原色がありますので調色することが可能です。。

※専用シンナーが必要です。
※ 塗装後、120℃で約20分ほどの焼付乾燥が必要となります。
※ 白色は調色用としてのみご使用下さい(白色だけだと仕上がりがクリーム色になります)。

 › カラー見本


下地処理+結晶塗装+文字部研磨+超硬質クリアーコーティングで仕上げ:¥40,000~(税別)
脱着工賃・部品代は別途

下地処理+結晶塗装:¥33,000~(税別)
脱着工賃:¥35,000~(税別)
部品代は別途

インテークマニホールドCOMP.
(WRX STi_Ftype)
14001AB580:¥57,000(税別・工賃別途)

STi:ロッカーカバーセット
(EJ205・EJ207用)
ST132594S000:¥50,000(税別・工賃別途)
左右1台分セット、マグネシウム製

ロッカーカバーCOMP.(EJ207・GDB_Ftype)
右・13264AA201:¥11,100(税別)
左・13278AA181:¥11,100(税別)
素地(塗装なし)、アルミ製


アルマイト


 › カラー見本
Cera Top EX

超耐熱セラミックコーティング。1000度を超える耐熱性と、パーツクリーナーなどで吹き上げることが可能な耐薬品性をご体感下さい。
完全1液、常温乾燥タイプです。目安として、100cc〜150ccで4気筒フルエキゾーストへの施工が可能です。
出来るだけ低温で保管して下さい。

 › カラー見本

  • 圧倒的な耐熱性能
  • 耐熱1200℃を実現
  • 耐薬品性・高耐久性
  • 完全1液常乾タイプで簡単施工

 


GUN-KOTE

#2401S
Satin Black●
#2401F
Flat Black
#2403EXE
Satin Executive*1
#2425
Black Chrome
#2503
Smoked Steel
#2418
Titanium
#2403S
Satin Gray
#2403F
Flat Gray
#2403L
Satin Light Gray
#2403LF
Flat Light Gray
#2526
Antique Silver
#2406
Brushed Stainless●
#2531
Gun Metal Gray
#2408
Silver
#2410S
Satin White
#2410F
Flat White
Anodized Green #5402
Sublime Green
#2415S
Satin Yellow
#2407
Pale Gold
#2421
Bright Brass
#2423
Dull Brass
#2430
Golden Nickel
#2422
Antique Brass
#2404S
Satin Dark Earth(TAN)
#2404F
Flat Dark Earth(TAN)
#2402CC
Emerald Green
#2416F
Flat Foliage Green
#2402LF
Light Flat O.D. Green
※廃盤
#2402LS
Light Satin O.D. Green
※廃盤
#2402S
Satin O.D. Green
#2402F
Flat O.D. Green
#2402MS_
MIL Spec Gray O.D. Green
#2420
Black Powder Brown
#2527
Texas Tea
#2529
Burnt Bronze
#2505
Statuary Brown
#2405F
Flat Service Brown
#2405S
Satin Service Brown
#2424
Copper
#2524A
Antique Copper
#2412
Satin Orange*1
#2412B
Flat Blaze Orange*1
#2411S
Satin Red
#NA11F
Flat Red
Anodized Red #2419H
Hot Pink*1
#2519
Rose Red*2
#2419B
Pink
#2417LAV
Lavender
#2417S
Satin Purple●
#2413MB
Midnight Blue
#2409S
Satin Clear●
#2409SC
Super Clear
#2426D
Dark VZ Blue
#2426L
Light VZ Blue
#2414S
Satin Royal Blue
#2514L
Light Blue*2

Anodized Blue
#2414US
Aqua Blue
#2428
Turquoise
#2520
Light Green*2
   
全62色
GLOSS:つやあり
FLAT:つや消し
SATIN:7分~半つや
*1:特殊色
 #2403E SATIN EXECUTIVE GRAY
 #2412 SATIN ORANGE
 #2412B SATIN BLAZE ORANGE
 #2419 HOT PINK
*2:このカラーはブラックの上に施工して下さい。(Flat Black)
●:Ashに在庫あり
価格:¥10,000(500ml)赤文字は¥11,000(500ml)


パウダーコート

ブラック 01
(HDブラック)
ブラック 02
(ハーフマットブラック)
ブラック 03
(マットブラック)
ホワイト 01
レッド 01 レッド 02 レッド 03
(スーパーレッド)
イエロー 01
イエロー 02 オレンジ 01 グリーン 01 UKターコイズ
ブルー 01 ブルー 02 グレー 01 グレー 02
パープル 01 パープル 02 ピンク 01 ミラークローム 01
スモーククローム ブラックメタリック ブラック・スターダスト ブルー・メタリック
レッド・メタリック パープル・メタリック クリアー・メタリック プラチナ・シルバー
ホイールシルバー シルバーメタリック 中目 シルバーメタリック 粗目 ゴールド 01
ゴールド 02 ゴールド 04 ゴールド 05 クラシックガンメタル
TOKYO ガンメタル シャンパンゴールド ミリタリーグリーンパール オージーブロンズ
エンペラーグリーンティー バンプ・シルバー バンプ・ゴールド バンプ・ブロンズ
バンプ・グリーン ハンマートン・シルバー デビルスカーブラック USリンクル(ブラック)
HOT ROD ブラック リンクル・パープル リンクル・グレイ リンクル・ゴールド
リンクル・ワイン リンクル・ホワイト リンクル・ブルー DARK リンクル・ブルー STANDARD
リンクル・ブルー LIGHT リンクル・ピンク リンクル・オレンジ
※廃盤
リンクル・レッド
ツヤ消しクリアー
※レッド03の左半分に施工
スーパークリアー
※オレンジ01に施工
アクリルクリアー
※シルバーメタリック 粗目に施工
キャンディー・イエローLIGHT
キャンディー・イエローDARK キャンディー・メローイエロー キャンディー・ブルーLIGHT キャンディー・ブルーSTANDARD
キャンディー・ブルーDARK キャンディー・レッド キャンディー・ピンク キャンディー・ピンクゴールド
キャンディー・スモーク LIGHT キャンディー・スモーク DARK 蛍光 ピンク 蛍光 グリーン
蛍光 イエロー 01 蛍光イエロー 02 蛍光 オレンジ パウダープライマー(グレー)
降雪地域で使用しているスプリングは干渉により塗装が剥がれ塩カルにより錆が出る。ダブルコートで対策するには一般的には下地にカチオン電着塗装+粉体塗装を施しますが塗装焼き付け温度がカチオンで160℃~180℃、粉体塗装で180℃~220℃とズレがあり結果、色ぶれが起こりやすいです。そこで同じ温度管理の下地専用ジンクパウダーを採用することにより厚みで塗膜強度が増し飛躍的に耐食性がアップします。

焼付塗装の分野では塗装後の乾燥は専用の焼付乾燥窯で行います。塗料によってその焼き付け温度と焼き付け時間が異なります。メーカーが出しているこの条件はとっても重要なのですが、一般的にみると意外と軽視されている場合が多いんです。メーカーが色々な実験データーをもとに推奨している焼き付け方法はそれなりの理由があるのです。焼き付け塗装の乾燥は、通常は雰囲気温度ではなく物体温度で示しているものがほとんどです。雰囲気温度とは焼付窯の中の空間温度を指します。それに対して物体温度とは被塗装物の素材自体の温度を指します。どちらでも同じに感じるかもしれませんが、かなり大きな違いがあるんです。

例えば厚さ1mmほどの薄い鉄板を180℃の窯の中に入れた場合、5分もすれば鉄板の表面温度も180℃度近くに到達します。これが厚さ20mmほどの鉄板になると5分経過時で100℃にも達しません。表面温度を180℃までもって行こうとすると最低でも20分くらいかかります。またアルミ、ステンレス、鉄、など素材によっても到達時間は異なります。またその商品の質量によっても異なります。大きなアルミホイールを2つほど窯に入れた場合と手のひらサイズの物では窯の温度上昇に大きな差が生まれます。大人がお風呂に入るのと子供が入るのでは大人が入った方が湯の温度下がりやすいのは想像できるとことでしょう。

例えば塗料メーカーの乾燥条件が180℃で15分だったとします。厚さ20mmの金属板を塗装後に180℃の窯の中へ商品を投入し、15分待った時点で”乾燥完了!”と思ってしまうと大問題です。見た目には完成しているように思えますが、いわゆる生焼け状態です。生焼けの塗装面は強度的には本来の性能の半分以下と思ってもいいかもしれません。

厚さ20mm程度のステンレス板にパウダー塗装を施した後にメーカー条件の180℃で15分乾燥したものと30分乾燥したものを比較。一晩経って固いもので表面を軽くコンコン叩いてみるとその強度は歴然です。生焼けの物は簡単にパリパリと剥がれてきます。(下地処理や塗膜などの条件は同じにしてあります)
完全硬化したものの方は傷は付きますが、剥がれはありません。ちなみに質量の少ない薄い鉄板で同じ実験をしてみるとその差はあまり現れません。と言う事は被塗装物によって乾燥条件を変えないと乾燥後のクオリティーに大きな差がでると言うことになります。あまり複雑に考え過ぎると分からなくなってしまいますが、基本的にメーカーの推奨している条件(温度、時間)よりも少しずつ多めに考えた方が安全だという事になります。あまり極端な事はできませんが、思っている以上にメーカーの条件を満たせれていないという事だけは理解しておきたいですね。


CARVEK プレミアム耐熱パールパウダー

パウダー状のパールです。液状ではなくパウダー状のため、分散性に優れているのがいちばんの特長です。
このパールパウダーは非導電性ですので、粉体の静電塗装には最適です。ガンコートはもちろん、ウレタンなどの溶剤系塗料でももちろんお使いいただけます。
このパールパウダーの耐熱温度は600℃以上です。熱安定性に優れているので、熱可塑性樹脂や熱硬化性樹脂にも練りこむことが可能です。

エンペラーゴールド ブロンズゴールド シャンパンゴールド シルクゴールド
チェリーレッド クリスタルバイオレット サファイアブルー エメラルドグリーン
ミラージュアメジスト シェルホワイト 粗目 シェルホワイト 細目 シュガーマルーン


アルマイト


クレオパトライエロー トスカナ―パープル パッションレッド モンローピンク
サンライズオレンジ グリングリーン ベアブラウン バケーションブルー
ギャラクシーブラック ターマックブラック

真黒をご希望の方は
 ターマックブラックを
お選びください。
   


結晶塗装(Wrinkle Paint)

黒色 赤色 青色 黄色
黒色+白色 赤色+白色 青色+白色  
赤色+青色 赤色+黄色 青色+黄色  


Cera Top EX

艶消しブラック 艶消しグレー 艶消しシルバー 艶消しゴールド