ブレーキ装置の変更(ドラムブレーキ⇔ディスクブレーキ)


ドラムブレーキをディスクブレーキに、あるいはその逆に交換する場合、ブレーキシステムが変わると、「改造自動車」の届け出→「記載変更」が必要になります。※平成11年7月以降の乗用車は改造届が必要
ただし、申請車両の確認時に他の部位に変更または改造が認められた場合(例えば同時に車高が±4cm以上変更があるなど)は、構造等変更検査(車検の有効期限が無くなり車検検査も伴う)に該当する場合があるため、事前に車両変更部位に変更がなどないか確認した上で申請・確認作業を行うこと。

申請書類で大変なのが、制動能力計算書と強度検討書。
ところが「同一型式内に設定がある装置」ならこの2つの書類の提出は必要ありません。
改造部分詳細図は新型車解説書からコピーしたもの、実際の写真を撮ってそれを詳細図とすることもできます。
届け出先は「自動車検査独立行政法人・検査部」(この改造の場合は事務所では受付てくれないので注意)
まずは窓口で必要書類を確認し、書類を作成、事前書類審査、それに合格すると使用の本拠の位置を管轄する事務所で車両の確認となります。

改造自動車の届け出に必要な書類
 › 改造自動車届出書(第1号様式とする)
 › 改造概要等説明書(第2号様式とする)
 › 保安基準適合検討書(第3号様式とする)
 › 自動車を特定する資料
 › 技術基準への適合性を証する書面
 › 外観図
 › 改造部分詳細図
 › 制動能力計算書
 › 強度検討書_制動装置

 › 制動装置の注意

すでに改造作業済み、改造部分の詳細不明、ドナー車不明、輸入車などの場合はお断りします。改造作業前にご相談下さい。

⑥制動装置_制動装置について、改造の内容欄に該当する改造を行うもの

改造の内容 改造の事例 改造の内容及び改造の事例の留意すべき事項
① 次の場合にあっては、改造届出を要さないものとする。

■ドラム・ブレーキ⇔ディスク・ブレーキ
■ 内部拡張式⇔外部収縮式
■ 油圧式⇔空気式
■ディスク式駐車ブレーキ⇔ドラム式駐車ブレーキ
■ディスク式主ブレーキ⇔ドラム式主ブレーキ
次の場合にあっては、改造届出を要さないものとする。

ブレーキペダル、ブレーキレバー、マスターシリンダー及びホイールシリンダー、倍力装
置、ブレーキ・カム、ブレーキ・ドラム、ディスク・ブレーキのキャリパー及びロー
ター、各種の油圧(空気圧)弁等を変更したもの

代行料


管轄ナンバー 名古屋
尾張小牧
(一宮・春日井)
三河
(豊田・岡崎)
岐阜
(飛騨)
豊橋
三重
(鈴鹿・伊勢志摩・四日市)
申請代行料(記載変更) ¥30,000 ¥48,000 ¥58,000
改造届出書・作成&提出
(中部検査部)
¥80,000~
※上記価格は軽自動車、小型・普通自動車です。小型二輪車、乗合自動車、ライトトレーラーなどは別途。
※全高、幅、全高に変更がある場合は構造変更になります。車高調整などは別途。
構造変更の場合は、車検の「有効期限」が検査に合格し変更登録をしたその日からなります。
 代行料、自賠責保険料、重量税、検査手数料、ナンバー代など別途必要になります。
※車両重量の測定&重量調整などは別途。
※所有者がディーラー、ローン会社、リース会社など所有権付きの場合は別途費用が必要。
 ローン残金がある場合やリース車の場合は構造変更ができない場合があります。
 › 同時に所有権解除をする場合

記載変更に必要書類


記載変更(手数料:無料)になるので、予約なしで検査受付窓口へ。

  小型・普通自動車 軽自動車
自動車検査証 車検証。記載変更のため車検有効期限に変更はない。
自動車検査票  
申請書 委任状を添付する場合を除き、使用者(所有者)の記名捺印(認印)または自署が必要。
・1号様式
2号様式
・1号様式
使用者の記名捺印
(認印)
委任状 申請書に使用者(所有者)の記名捺印または自署がない場合に必要。
①備考欄のみ追加する場合には使用者の記名捺印による委任状(すでに型式に「改」がある場合)
②自動車登録番号や型式を合わせて変更する場合には所有者と使用者の記名捺印による委任状
 型式に「改」が付くので所有者の記名捺印が必要。自署は要確認の事。
手数料納付書 手数料:¥350
すでに型式に「改」がある場合は無料
改造概要等説明書
(改造自動車審査結果通知書)
事前に改造届出書を提出して審査へ。審査には約2週間ほど必要。
算定燃費値取得済証 環境性能に優れたエコカー(乗用車、貨物車等)である型式指定車等を一定の範囲内で改造したもの(特定改造車)であっても、自動車重量税、自動車取得税の減税措置および環境適合車購入補助金制度が適用されることになりました。ディーラの店舗で取得(発行店舗の印鑑が必要)。
※算定済証の提出があっても、受検車両について、排ガスや燃費に影響する装置に変更が無いこと、車両重量、幅、高さが一定の範囲に収まっていることなどの条件に合致しなければ、減免対象とはならないのでご注意願います。
 



NISSAN SILVIA Autech Version
型式:GF-S15改 E/G型式:SR20DE(6M/T) 初年度登録:平成13年9月 走行距離:109,925km
作業日:令和2年年11月


フロント&ブレーキをニッサン・スカイラインGT-R(BNR32)用に変更。公認車検取得を。(記載変更)
S15はハブが114.3mm-5穴なので、ほぼポン付けできます。パーキングブレーキがキャリパー式→ドラム式になるので改造届出書が必要になります。車両の製作年月日が平成11年7月1日以降は、審査事務規定 7-16「乗用車の制動装置」に基づく、制動装置の試験成績表が必要です。
またオーテックバージョン仕様なので型式指定番号、類別区分番号が不明だったのでメーカーから諸元表を入手。
サイドブレーキ・バックプレートはスカイラインGT-R(BNR32)、ナックル&ドライブシャフトはS15を使用。
すると、ブロックアンカーとバックプレートの間に隙間ができてしまう。ナックルをBNR32用に変更すれば問題ないが、ドライブシャフトも要変更らしい。さすがにそれは却下。隙間の分をワッシャーで取り付けるショップがいましたが、ブロックアンカーの回り止めがなくとても危険な状態だと思います。ブロックアンカーを変更・加工して取り付け。
車検証の全高より下がっている。構造変更したくないので車高調で調整。測定コースに入るので記載変更でも車両重量は測定し変更されました。
タイヤが10mm以内はみ出していたので、はみ出ないタイヤ&ホイールに変更。タイヤはロードインデックスに気を付けて、キャリパーが接触しないホイールを選びました。
ブレーキホースはフロント*1がS15用(ノーマルホース取付可)、リヤはBNR32用(ノーマルホース取付不可)。チューブを取り外してダイレクトタイプに取り替え。
フロントローター径が大きくなった(φ280mm→φ296mm)ので、S15用のバックプレートはローターと接触するので取り外し。車検には問題ありません。

  部品代
(税別)
工賃
(税別)
記載変更・代行料   ¥28,000
※三重県ナンバー   +¥30,000
改造届出書・作成&提出(中部検査部)   ¥80,000
フロントブレーキ一式取替(BNR32用)*2 中古品・持込 ¥20,000
リアブレーキ一式取替(BNR32用)*3 中古品・持込 ¥30,000
ナット・フロントアクスル (¥340×2)
¥680
 
リアブレーキ・取付ボルト (¥210×4)
¥840
 
キャップ・リアローター(サイド調整用) ¥400  
リアバックプレート加工&サイドシュー取付
(BNR32用)
¥52,800 ¥10,000
ブレーキフルード(DOT4)取替 ¥2,500  
GT-1・サイドブレーキワイヤー取替・調整 ¥13,700 ¥8,000
GT-1・ブレーキホース取替
(ダイレクトタイプ・チューブ取り外し)
¥14,800 ¥8,000
GT-1・送料等 ¥1,600  
車高調整(全高測定)   ¥20,000
検査手数料(印紙代) 無料*4  
合計 ¥87,320 ¥234,000
ご請求金額:¥321,320(税別)

ブレーキ一式(キャリパー+パット+ローター)・スカイラインGT-R(BNR32・Fr:4POT Rr:2POT)
  品 番 単価
(税別)
数量 価格
(税別)
キャリパーASSY・FrRH 41001-05U01 ¥52,200 1 ¥52,200
キャリパーASSY・FrLH 41011-05U01 ¥52,200 1 ¥52,200
クリップ 41217-40P00 ¥300 4 ¥1,200
ハードウエアーキット・Fr 41080-40P27 ¥5,300 1 ¥5,300
スプリング 41090-40P02 ¥1,080 2 ¥2,160
ブレーキパット・Fr
(クリップ)
AY040-NS003
(41218-30P00)
¥11,100
(¥750)
1
(2)
¥11,100
(¥1,500)
ディスクローター・FrRH
(N1仕様)
40206-05U02
(40206-05U10)
¥28,100
(\24,800)
1
(1)
¥28,100
(\24,800)
ディスクローター・FrLH
(N1仕様)
40206-05U03
(40206-05U11)
¥28,100
(\24,800)
1
(1)
¥28,100
(\24,800)
フロント・合計*1       ¥180,360
キャリパーASSY・RrRH 44001-43P00 ¥41,900 1 ¥41,900
キャリパーASSY・RrLH 44011-43P00 ¥41,900 1 ¥41,900
ピン・パット 41217-43P00 ¥680 4 ¥2,720
ハードウェアキット・Rr 44080-43P25 ¥4,820 1 ¥4,820
スプリング 41090-43P00 ¥430 2 ¥860
ブレーキパット・Rr
(クリップ)
AY060-NS904
(41218-43P00)
¥8,300
(\340)
1
(2)
¥8,300
(\680)
ディスクローター・RrRH
(N1仕様)
43206-05U02
(43206-05U10)
¥28,100
(18,400)
1
(1)
¥28,100
(\18,400)
ディスクローター・RrLH
(N1仕様)
43206-05U03
(43206-05U11)
¥28,100
(18,400)
1
(1)
¥28,100
(\18,400)
リア・合計*2       ¥156,700
合計金額:¥337,060(税別)

※2020.11現在の価格です。
*1:オーテックバージョンはフロントブレーキがターボ用(4POT)です。
*4:すでに型式に「改」があるので無料。ない場合は¥350必要です。(非課税)

  フロント リア
ブレーキキャリパー S15:5.0kg
BNR32:4.0kg
S15:3.2kg
BNR32:2.2kg
ブレーキローター S15:8.0kg(φ280mm)
BNR32:8.8kg(φ296mm)
S15:3.6kg(φ258mm)
BNR32:6.6kg(φ297mm)
合計 S15:13.2kg
BNR32:12.8kg
S15:6.8kg
BNR32:8.8kg
 -0.8kg+4.0kg=+3.2kg増

  重量 外径
タイヤ:ADVAN NEOVA AD08R 225/50R16 92V
ホイール:純正BNR32 16×8J +30mm
18.4kg 631.4mm
タイヤ:TOYO PROXES TI SPORT 205/50ZR17 93Y
ホイール:純正ER34 17×7.5JJ +40mm
20.9kg 636.8mm
 +2.5kg×4本=+10kg増
 トータル:+13.2kg増



SUBARU PLEO
型式:RA1


スバル・プレオのスタンダードモデルのリアブレーキはドラム式ブレーキ。
RSグレードのみリアブレーキがディスク式ブレーキを移設。